AmazonのEC2のリソースの確保

オリジナル見出し01

従来のサーバホスティングのサービスでは、最初にリソースを確保し、そして固定された範囲で利用するというのが一般的でした。


そのための料金については事前に契約によって決定するのが一般的です。



そのために、柔軟性やコスト削減についてはあまり良いものではなかったと言えるでしょう。

ダーツ 用品の有益な情報の紹介です。

AmazonのEC2はこれとはことなっていて、データセンターを扱っているかのように利用できるという違いがあります。



たとえば、必要となるシステムリソースが急激に変動した場合、従来のホスティングサービスでは対応に時間がかかることが多かったです。



たとえば新たにサーバを契約しなければなりませんでした。



AmazonのEC2であれば、APIから新たにサーバインスタンスを作るだけで対応できます。なお、それにかかる時間は数分です。
ですから、サーバを一つ増やすような操作を、画面上で簡単に行えるというメリットがあります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14129900529

利用料が一時的に増加することが分かっていたり、あるいは定期的にピークが訪れるといった場合には、それに併せてサーバリソースを増強することが可能です。

料金体系は従量制ですから、多く使えば多く支払うことになります。

http://news.livedoor.com/article/detail/12326868/

料金体系についてはこのようになっていますから、事前に金額を決めるわけではありません。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1521846.html

トラフィックが急激に増えれば、AmazonのEC2に支払う料金が急激に増えることもありますが、これは柔軟性の裏返しだとも考えられます。

関連リンク