エレベーターの省エネ技術

オリジナル見出し01

エレベーターは、人の重さも含めると1tを超える重さになります。



これを、モーターなどの力で引き上げるのですが、もし、すべての重量をモーターで引き上げた場合には、かなりのエネルギーが必要になります。

カリフォルニアワイン情報探しのサポートをいたします。

そこで、省エネを実現するために、様々な工夫が施されています。古い技術としては、滑車を通しておもりをぶら下げる方法です。



外からエレベーターを見ていると、上に上がるときに金属の塊が下に落ちているのを見たことはないでしょうか?あのおもりがあることで、上へ持ち上げる力を少なく済ませることができるようになり、エネルギーの消費を抑えているのです。

あなたにぴったりの重森 弘充の最新情報ならこちらを参考にしてください。

最近では、バッテリーと発電機を搭載したエレベーターもあります。



下に下りるときのエネルギーを電気エネルギーに変換して、上に上がるときのエネルギーの補助にすることができるようになり、省エネに貢献しています。

https://matome.naver.jp/odai/2147697327339694601

また、バッテリー搭載のものには、急な停電でも急停止せず一番近い階で停止してからドアを開けるということができるという防災上のメリットもあります。

他にも、二階建てのエレベーターがあります。

http://girlschannel.net/topics/936275/

上は奇数階、下は偶数階で利用するようにできていますが、全体として利用効率が上がるため省エネにつながります。

また、少ないフロアは階段を使おうという風になるので、稼動自体も少なくできるのも特徴です。
特にエレベーターで利用するモーターは、動いているときよりも動き始めでエネルギーを大きく消費します。
なので、ある程度離れた階を移動するほうがエネルギー効率が良くなるのです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/27189/

関連リンク